kitak diary

こっちは日記

2018年6月26日

朝、5時ごろに目が覚めたけれども、二度寝で8時に再び起きる。5時は少しきついので、5時半か6時に戻してもいいかもしれない。
20分ほど家の周辺をジョギング。お日様が出ていて、かなり暑かった。この季節は、もう少し早い時間帯に走ったほうがよい。

お仕事は、マネジメントまわりで課題を感じた一日だった。明日、軌道修正しよう。夕方の気の重い会議が終わって一息。

夕食はコンロウで、ヤムタレー(海鮮サラダ)とパットウンセン(春雨炒め)。ヤムタレーは、口にいれると甘辛いソースと魚介の甘みが口に広がって、その後にハーブの香りが鼻を突き抜けるかんじ。パットウンセンは、濃いめのピリピリした味のソースが春雨によく絡みつつ、野菜や卵の甘みがそれを中和しておいしい。

帰宅後は、<日本哲学>入門講義を読みながら、ゆっくりして就寝。